【保護者様】塾長が教える《成績が上がる》勉強法とオススメ本

日々勉強に頑張る皆さん、そして子供の教育に悩むお母さんに向けて、役立つ勉強法や教育、また関連オススメ本を紹介!

《知っトク》『やる気』がない理由(前編)

『やる気』のない子供に、いくら周りが「やる気を出せ!」と言っても、なかなか分かってもらえません。

というのも、もともと『やる気』が失せているから当たり前です。

アメリカの心理学者が、こんな実験を行ったそうです。

2頭の犬(AとB)に電気ショックを与えます。

犬Aの頭の横には板があり、その板を押すと、電気の流れは止まります。

犬Bは何をしても電気の流れは止まりません。

犬Aは、しばらくすると、板を押すと電流が止まることを学習し、

自発的に押すようになりました。

犬Bは、最初は動き回りますが、どうやっても電流を回避できないため、

やがて行動することをやめてしまいます。

その後、床の一部にしか電気が流れない別の部屋に移動させたところ、

犬Aは自発的に回避運動を起しましたが、

犬Bは、移動すれば電流が回避できるにもかかわらず、

行動することをしなかったそうです。

犬Bは、「何をやっても無駄だ」ということを学習してしまったのです。

どうですか。おわかりでしょうか。

人間の行動の場合でも同じことが言えるのです。

『やる気』のない子供は勉強するという行為に、「勉強してもどうせわからない、無駄だ」・「勉強してもなんら状況は変わらない」と学習してしまっているのです。

勉強にするという行為(わからなかったことがわかるようになること)に、

自然と関心が失せ、もう喜びを見い出せない。

そうなってしまった原因は、幼児・小学校と通じての数年にわたる体験結果にあり、またその子だけでなくその子を取り巻く環境(家庭・学校)の責任でもあります。

だから、『やる気』のない子供に、いくら『やる気』を出すようにアドバイスしたところで、さっとその子が『やる気』のある子どもに変われるわけがありませんよね。

(その対応・解決策につきましては次回にて、乞うご期待!)

f:id:e-school-blog:20200325140027j:plain

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村