【保護者様】塾長が教える《成績が上がる》勉強法とオススメ本

日々勉強に頑張る皆さん、そして子供の教育に悩むお母さんに向けて、役立つ勉強法や教育、また関連オススメ本を紹介!

《知っ得!》勉強の仕方にも【コツ】がある!(1/4)

①何よりもコツコツ続けることが一番のコツ

勉強はしているのに、成績がそれに比例して伸びないと悩んでいませんか?。

実はそうとおりで、勉強量と成績は比例しません。

勉強した分だけ、目に見えて伸びるものでもないのです。

勉強と成果は、曲線を描くように伸びていきます。ちょうど富士山に登るイメージです。最初は進んでもなかなか上には登っていきません。

でも、そのうち必ず視界が開ける時が来て、以前よりも上がってきたことに気づきます。

その時まで、自分を信じて進み続けましょう。

後はぐんぐん登っていけますよ。

大切なのは日々努力。あきらめずにコツコツと続けること。

君のまわりのいる成績のいい子、その子たちは何の天才か知っていますか。

みんな共通してコツコツ続ける天才なのです。

小さな努力を毎日積み重ねると、知らず知らずの間に力がついていますよ。

②予習・復習よりも大切なこと?

予習・復習はもちろん大切なことです。

塾もその一部ですよね。

でも、勉強は塾でするものだと過信しすぎ、学校の授業をおろそかにしていませんか?。

得意・不得意どの授業もです。苦手な科目も、嫌いな先生の授業も。

塾で勉強をする、家で塾の宿題をする時間が一生懸命勉強する時間だと思っているならば、全くの勘違いです。

一番大切な勉強時間は学校勉強です。

学校にいる時間が一番長いでしょう。

できる子はこの時間を絶対疎かにしていません。

そして最も重要なことは、「授業でわからなかったところは、絶対にそのままにしておかないこと」。

それを解決するためには、予習が必要ですか。

復習が必要ですか。

学習内容によっては、両方必要かもしれません。

要は、習ったことをしっかり理解すること、それと忘れないこと。

そのために時間の使い方も含め、どうすればよいのかを意識すること。

目的が見えれば、すべきことも見えてくるはず。

③どんな問題集がいいのか?

必ず一冊やりきることを考えて、選びましょう。

最初は薄くても簡単なものを選ぶのがコツ。

もし迷ったりしたら、見やすいとかカラーになっているとかを基準にして選んでもかまいません。

一冊をしっかりやりきるを前提に選ぶこと。

実は問題集の種類なんて、内容に大差ありません。

もっと重要なのはそれをコツコツ終わりまで続けることです。

そして一冊やりきると、自ずと今の課題が見えてきて、次に自分が取り組むべき問題(集)も見えてきますよ。

④ほんの些細なわからないこと、放ったらかしにしていませんか?

国語なら漢字の読みや意味。英語なら英単語の読みやつづり。

今わからない、それを無視すると、次も飛ばしちゃうよ。

必ず辞書を手元においておこう。

辞書引きが面倒なら、市販の「教科書ガイド」などを活用しよう。

友達・先生に聞いてもよし。

すぐに調べられなければ、そこに線引きしておいて、必ずその日のうちに解決しておく。

すぐに解決するか、しないのか、所要時間の差はほんの1分。

でもその効果の差は絶大です。

テスト前にまとめて何十個もの単語、覚えられますか?。

見るだけでいやでしょう。

面倒くさがり屋ほど、目の前のわからない単語を無視しないこと。

ほん1分の手間が、知らずの暗記につながります。

やるかやらないかは、君の心がけ次第。

(1/4)次回も乞うご期待

f:id:e-school-blog:20200101100034j:plain

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村